徳島県医師会 トップページへ

  • 文字サイズ標準
  • 文字サイズ拡大
文字サイズ変更について
県民の皆さまへ

【質問】 風邪こじらせ甘味感じない

 77歳の男性です。5年前に風邪をこじらせたことがあり、それ以降、辛味や苦味は感じるのですが、甘味をまったく感じなくなりました。しるこや生菓子を食べても味がなく、芋を食べているようです。耳鼻科を受診したところ病気と言われ、2カ月ほど舌に薬を塗ってもらっていましたが、少しも良くならないのでやめました。脳の老化が原因とする説もあるようです。よい治療法を教えてください。



【答え】 味覚障害 -血液中の亜鉛値測定を-

鎌田耳鼻咽喉科クリニック 院長 鎌田 利彦(徳島市名東町1丁目)

 味覚は食物の摂取とおおいに関係します。食生活の向上に伴い「食べる」ことが人生の喜びである今日では、極めて重要な感覚です。

 味覚受容器は味蕾(みらい)と呼ばれ、口腔から下咽頭(いんとう)にかけて広範囲に散在している乳頭内にあります。特に舌の前方3分の2の部分に散在する茸状(じじょう)乳頭、舌後方の両縁に存在する葉状乳頭、舌の付け根に配列される有郭(ゆうかく)乳頭の中に多数存在しています。

 また、口腔上壁後方の軟口蓋(なんこうがい)の粘膜上に散在する乳頭内にもみられ、その機能は若年者ほど活発といわれています。

 味覚はだ液に溶けた化学分子が、乳頭の味蕾に達して生じる感覚で、味質(甘味、塩味、酸味、苦味、うま味)として感じられます。舌の前方で甘味、前方両縁で塩味、そのやや後方で酸味、舌の付け根付近で苦味を感じます。

 味蕾で得られた情報は、脳神経を伝わって脳に入り、側頭葉にある味覚中枢で整理されるといわれています。味覚障害は、この神経伝達経路のどこかに異常をきたして生じます。男性にやや多く50~60歳代に発症のピークがある高齢者に多い疾患です。

 症状は、味覚全体の低下、あるいは特定の味質のみ感じなくなる解離性味覚障害、口の中になにもないのに苦味、渋味などを感じる自発性異常味覚、本来の味とは別の味を感じる異味症などがあります。

 原因別に分類すると、頻度が高いのは検査をしても原因が特定できない特発性です。このほか、体を維持するのに必要な微量金属(亜鉛、鉄、銅など)の、特に亜鉛欠乏による亜鉛欠乏症、利尿剤や降圧剤などの薬剤服用による薬物性が挙げられます。

 他には嗅覚(きゅうかく)障害があるために一見、味覚が低下したように感じる風味障害、だ液の分泌低下による舌炎などの口腔疾患、感冒によるストレスやウイルス感染により味蕾あるいは神経線維が障害を受ける感冒性、神経伝達経路への障害を起こす中耳炎、聴神経腫瘍(しゅよう)などの耳疾患。さらに頭部外傷、脳梗塞(こうそく)、糖尿病、腎疾患、肝疾患、放射線性、心因性、老人性などが挙げられます。

 一般に味覚の検査では、血液の血清中の亜鉛値を測定します。そのほか舌を微量電流で刺激し、どの程度の味覚障害があるかを判断する電気味覚検査法や、味の付いたろ紙を舌に置いて味質の障害をみるろ紙ディスク法などがあり、結果を踏まえて原因別に治療を行います。

 原因を特定できない特発性味覚障害は、血清中の亜鉛濃度が正常でも、味蕾細胞内の亜鉛値が低下する潜在性亜鉛欠乏が指摘されており、亜鉛欠乏性味蕾障害とともに亜鉛製剤が投与されます。薬剤性味覚障害が疑われるのであれば、可能な範囲で服用を休止します。風味障害は嗅覚障害の治療、口腔内の乾燥が原因と思われる例では人工だ液の使用あるいは、口腔内湿潤処置を取ります。

 高齢者は加齢による生理的な味覚機能低下に加え、合併症として高血圧、糖尿病などの全身疾患を持たれている方も多くみられます。それに伴う服薬の増加や義歯などによる物理的刺激で口腔内の乾燥をきたし、味覚障害が起こりやすいと考えられています。しかし、年齢に関係なく、発症から受診までの期間が短いほど治りやすいようです。

 さて相談の件ですが、既往症をうかがっていないため何ともいえませんが、原因として加齢による機能低下に加え、感冒によるストレスで発症したものと思われます。また、味質のうち甘味のみを感じなくなる解離性味覚障害は、亜鉛欠乏障害に多いといわれていますので、血液検査で亜鉛値を測ってみてはいかがでしょうか。

 気になるのは発症から5年経過していることです。しかし、10年たって治った例もありますので、あきらめずに治療を試みてください。

徳島新聞2000年12月31日号より転載

  • 感染症について
  • 研修医募集のお知らせ
  • 広報出版物
  • 東日本大震災に関する情報
  • 徳島県医師会は混合診療解禁に反対です
  • 徳島県医師会公益通報窓口について
  • 健康事業所宣言をし、認定を受けました。
© TOKUSHIMA MEDICAL ASSOCIATION.